忍者ブログ
Bonjour ! イベントや日々の出来事。気まぐれ更新のパリの日記
«08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10»
[13]  [12]  [10]  [9]  [7]  [3] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ファッションマガジン ELLEの編集長ジャン・ドミニック・ボービーの自伝が映画化されました。モードで華やかそうに聞こえますが、1995年突然の脳溢血で倒れ、身体の自由を奪われてから一冊の本が出来るまでの作品。唯一機能する左目の瞬きのみで、記された一冊の本の映画作品。創造力と生きる事の素晴らしさを感じる映画でした。映像も奇麗で、重い題材ながらも、泣ける所、軽い所、リズムがあって引き込まれました。周りを取り巻く美しい女性達の姿も見所の1つかも。
*あらすじ*
海辺の病院で数週間の昏睡状態から目覚めた後に「閉じ込め症候群」を患い、左のまぶた以外の全身が全く動かなくなってしまった彼の姿が描かれている。タイトルは、潜水鐘の気密室のような体の中に閉じこめられてしまった感覚と、それでも心だけは蝶のように活発であり続けるボービー氏の状態を表したものだ。ボービー氏は、アルファベットを誰かに暗唱してもらい、使用したいアルファベットが読み上げられたら瞬きをし、それにより気持ちを伝えるという方法を教わった。そして、アシスタントが長い月日をかけ彼の目の動きを読み取り、手記が完成した。ボービー氏は1997年、手記の出版からわずか10日後に死亡した。

フランス語でみたけど今回は結構理解できたので満足♡映像の力が大きかった。
前回見た”善き人のソナタ”はフランス語字幕でムヅかしかったな〜。飛行機の中で日本語で見てはじめて理解できて泣けました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[12/01 マダム滑り台]
[10/30 fashionista]
最新TB
プロフィール
HN:
りんご
性別:
女性
職業:
絵描き
趣味:
色々創作*お絵描きからお料理まで*そして可愛いものを見つける事。
自己紹介:
パリで絵を描いています。

バーコード
ブログ内検索
Copyright © / “りんごちゃん”created by pandacompany
忍者ブログ [PR]