忍者ブログ
Bonjour ! イベントや日々の出来事。気まぐれ更新のパリの日記
«11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01»
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご無沙汰しております。久々の更新です。

2013年は自分の東京大阪での個展もあり、ネタには事欠かなかったのですが、

なかなかアップする時間がありませんでした。。。

まあ元々更新は頻繁ではありませんので、言い訳にもならないのですが!

さて、今回は去年6月13日に行われた「Soirée Blanche」というゲリライベント。

直訳すると白い夜会と言う意味で、ドレスコードはもちろん「白」。

ちなみに今年で25周年を迎えたこのイベントは一見さんお断り!

参加者の人に招待してもらわないと参加出来ません。

ちなみにイタリア人の友人に招待していただきました。

何と!このイベントは無許可でやってるらしいです。。。

さすがフランス人と言うか何というか(^_^;)

2013年はルーブルの中で行われました。




 

ルーブル美術館の周りのポイントで待ち合わせて、時間になると一斉に

ルーブルの中に入って行き代表者の指示に従い自分たちの割り当てされた場所に

テーブルをセッテイングします。

参加者が各々テーブルや椅子、食べ物、飲み物はもちろん、

テーブルセットや飾りの花なんかまで用意してピクニックをするわけですが、

みなさんそれぞれに工夫していて上級者と見られる方もちらほら。。。

6月は例年、日も長く外での食事は気持ちがいいです。

が、その日は肌寒く、夏の格好をするきにはなれませんでした。

バカンス大好きの気の早いフランス人達はサーマードレスをきて夏を演出していました!

私は寒がりなのでオーバーオールにセーターです!笑 

おしゃれにはがんばりが必要という事ですね!

 

さすが長く続けられているイベントだけあってポイントを押さえてらっしゃいまして、

1、2時間ごとに盛り上がる為の仕掛けが。。。

20時:立ち上がりハンカチを一斉に振る

21時:花火を一斉につけて上にあげる

22時か23時:宙に飛ぶぼんぼりを何個も放つ ! 美しく幻想的です。

ダンスパーティータイムや音楽もあって飽きさせない仕掛けがありました。

ルーブルのど真ん中でディナーなんて、普通出来る事ではありませんよね。貴族のような経験だ。

楽しかった~!! 機会があればもう一度是非いってみたい催し物であります。

また招待してもらえたらいいなあ〜♪

PR
夏の果物で、ジャムを作りました。
他の季節のものを味わえる幸せ!
いっぱい作って秋冬に食べます。
今回はバニラとサトウキビ砂糖(漂白なし)
もちろん使う果物はいつもBIOです。
他にもアプリコットはラベンダーとも合いますし、
オレンジコンフィー(オレンジピール)とバニラを一緒にしても合います。

アプリコットは簡単に手で割れる事が出来ます。
アプリコットを4分の1の大きさにして鍋に入れていき、
その上に1キロの果物に対して400〜500gの砂糖をのせて一晩おきます。
次の日には水分が出てきますので弱火で鍋底が焦げない様に見張りながら
1時間半からに時間に込みます。灰汁が出て来たらオタマですくっておきましょう。
これも美味しいのでビンズメにするものとは別にしておきましょう。
保存するために私はパストリゼ(瓶を15分くらい大きな鍋で煮る)をします。
種は乾燥させて取っておきます。後で杏仁豆腐にするとスッゴーく美味しいです。
種を割るのは大変ですが、一回食べたらやみつきになりますよ。

*作り方はネットで種から作る杏仁豆腐で調べてみてください。



こちらは桃のコンポート。アマレットとシロダガブとバニラであっさりと仕上げます。
こちらは日持ちしません。糖分も控えめですし、熱もあまり加えません。
新鮮な味を楽しみましょう。
沢山果物を手に入れた時は生で食べるものとコンポートにするもので分けると、
食べ方にバリエーションが出ますし、無駄にせずに出来るのでいいですよ!

皆さん今年もよろしくお願いします。
ブログ更新がなかなかできずに、8月からすでに5ヶ月たとうとしています。。。
2011年8月にスペインのミノルカ島(イビザ島のとなり)に行ってきました。
このことを書こうと思います。
ミノルカ島は初めてで、あまり知識もなく、アンテナに頼って選んだのですが、たまたまとった部屋(ネウスの家)が素晴ら〜しく良く!海もきれいで食べ物もおいしく、人も穏やかでたちまち気に入ってしまいました。そこがどんな所かと言うと、ネウスと絵描きの旦那さんジョゼッペが大きなお家にすんでいて部屋を貸していると言う感じなんですけど、お部屋のセンスがアーティスティック!全部写真に収めたいぐらいそこかしこに魅力があふれているんです。そんな2人に会いに来ていると言う具合いに人が集まっていてミュージシャンやデザイナー絵描き等宿泊客はアーチスト。
もはや宿泊客達はお客ではなく友人の域。そんな中にデザイナーの友人と絵描きの私が入っても何の違和感もなくとけ込む。。。初日から何も知らないで行ったので、このフィット間にまず驚いた訳です。。。
menorcamenorcamenorca

その夜腹ごしらえに向かったのはシェオリビエ。
毎日飲むことになる発泡水ヴィシーカタラン。
フランス、ヴィシーの名はこの地でも美味しい水として有名のようです。
それからここはマヨネーズ発祥の地。名前の由来はミノルカから来ているそうです。
イカリングとマヨネーズ、シェーブルチーズとナッツドライフルーツのサラダ、
エビ入りインド風カレーが絶品でした。何しろ魚介が美味しいので!!
menorcamenorcamenorcamenorca

腹ごしらえ後帰るとサッカーのアツい国。
皆スポーツ観戦で盛り上がっていました。
マドリッド対バルセロナ。
ほとんどの人がバルセロナを応援していました。
来ている人がほとんどバルセロナ出身だし、
ここミノルカはバルセロナから船で来れるんです。
menorcaみのるく


朝起きるとみんな朝食やお昼のお弁当をキッチンで作り、
何しただの何するだの色々話しながらそれぞれ用意してテラスでくつろぎます。
何かここってスパニッシュアパルトマンみたい!!??
みのるくmenorcamenorcamenorca



ネウス&ジョゼッペの家(↓)このムッシューがジョゼッペ♡
menorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorca



お気に入りの海その1
毎朝ビニダリ(Binidali)に始めました。
誰もいないうちに来て、ヨガをしてストレッチをして、
ちょっと泳いで朝食をとりと言う感じで。。。

そしてお昼を食べに帰り、昼寝をして(焦げそうなくらい、日中日が強い!)
傾き始めたら二つ目の海と言うのが基本日課でした。
で、お昼の休憩に帰ると、友人が編みぐるみを編んでいたりして、
何かほのぼのするんですよ。

menorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorca

そしておきにいり2つ目
ラオヤ(la oya)
ここは砂浜がなく岩壁から海に行ける様になっているんですが、
透明度と魚の多さに驚き!ここもほとんど毎日行きました。
menorca

menorcamenorca


サントルイスを拠点にしていたのですが、
大きな町シウタデリャや他のきれいな海岸を探しにも行きました。
でもほとんどサントルイスで過ごす事が多かったです。
お気に入りの家、海岸、店が既にあって満足していたので。
menorcamenorcamenorca

友人達とお出かけ。この日はここに7年も気に入って来ている友人と、
”革製品の有名なここに来て靴をかわないで帰るのはもったいない”と言う事で、
靴製造販売している所に行きワンペアーゲットしました。
menorcamenorcametz

馬術を披露しながら
シウタデリャから南下して来るお祭りに遭遇。
明日はサントルイスで、港町マオで終わるそうです。
menorcamenorca

いつも外から動物の鳴き声がするのでその主を探しに。。。
ロバの鳴き声を初めて聞きました。
ヒーハーヒーハーって泣くんですね。
menorcamenorca

楽しい日々はすぐ過ぎてしまいます。
もう最後の夜です。ロバの話しをジョゼッペにしたら、
自分のロバの写真で作ったエプロンを出して来てくれました。(笑)
menorcamenorcamenorca

さようならシェネウス。次の朝、いつもの様に朝ご飯を食べ、ネウスにありがとうと言って私の帽子を進呈すると、クルミのからにはいった銀のピスタチオと、"amor"とはいったペンダントトップをくれました。ありがとう!!!
着いた日お会いした、かめに挨拶しに行こうとしたら、恋人と一緒でした。おめでとう。良かったね亀。
menorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorcamenorca

おまけ*パリにて並べてみました。
こちらはミノルカの北側の石の海岸で拾った石たち。
縞模様がかわいいんです。丸くなった石を中心に集めました。
metz


そして一日おいて、ロレーヌ地方の友人のジャックコレット夫妻の50年結婚パーテイに向かうためMETZへ。。。
このご夫人、料理上手のもてなし上手。夕方着いてすぐ夜食タイム突入です。
明日の昼レストランなのにもう既にフェットモードです。前夜祭なんですね。
クスクス、チーズ各種、手作りイチゴアイス!
metzmetzmetz

翌朝軽く朝食を済ませ、パーティ会場へ。。。
metzmetz

フレンチフルコースロレーヌ風
ミラベルのカクテルからはじまり
ミラベルアイスにおわりました。
友人達からの言葉やスペクタル、
コレットが涙ぐんでいるときもありました。
沢山の友人親戚に囲まれて2人がとても幸せに見えます。
イスタンブール旅行で知り合ったこの家族とのお付き合いももう6年。
素敵な人達と知り合いになれてわたしも幸せだなあと思います。
イスタンブール旅行にも来ていた甥っ子三人ともあえて嬉しい。ヨアン、
ヴァンサン(欠席)、ティモテとその両親と記念撮影。
最後は友人達から2011年12月6日のリッツ宿泊券とオペラ招待券が贈呈される。
metzmetzmetzmetzmetzmetzmetzmetzmetzmetzmetzmetzmetz

あまりにも食べ過ぎてPUF,PUF,...(コレットが一杯物を食べた時に使う言葉)
夜もコレットの家で続いたフェットは省略します。

次の日起きて朝は軽く頂き(パンとコーヒー)
お昼からまたシャンパンがあいて、食べ始めます。
自分もちゃんとお腹がすいて食べちゃうからすごいなあと思うんだけど、、、
と言う訳で二泊三日の旅はあった言う間に食べて飲んで終わり、
楽しみにしていたメスのポンピドゥーは記念撮影と
ミュージアムショップとカフェにとどまりパリに帰る事に!(涙)
でもまた機会を作ってくるさ!
だってメスでトリュフ穫れるって聞いたから、それにも来ないとだしね!PUF,PUF,
metz

metzmetzmetzmetzmetzmetz
フランスの素晴らしい季節と言ったら初夏。
野菜やくだものがとびきりおいしい。
白アスパラに始まりフレーズドゥボワ(イチゴ)アプリコット、桃、ブルーベリー。
この時期は日がとっても長く、
長くつめたい冬を待っていた生命が一斉に溢れ出す、一番良い季節です。

毎週末バティニョールとラスパイユにマルシェを出している
フィリップのヤギのチーズは最高級。
マルシェの特集の記事の為に(ほとんどバカンス気分ですが)
日本から来た友人とともにヤギのチーズの作り手である
フィリップの牧場に取材一日旅行に行って参りました。
ちよみ



MARIOぱとぅーん
マルシェ仲間のデザンジェリス氏が愛犬と共にフィリップ氏の牧場にナビゲート。

みち到着到着
パリから2時間ちょっとでこんな田園風景が!
NARCYと言う小さな村のフィリップの牧場、Elevage du Corbierに到着です。

歓迎歓迎
まず子やぎちゃんが、そして沢山のヤギ達が、私たちをお出迎え?
と言うよりむしろ”あなた誰なの?”とヤギ達が私たちを見に来たと言う感じです。

スリーズヤギ舍ちーず

ちーずちーずうち
早速チーズを作る現場に入り、色々説明していただきました。
庭には色々な果物や花が。。。フィリップのお家の裏庭もかわいい!


おひるおがわ
近くのビストロでこちら独特のアペリティフからデザートまでの
ゆっく〜りのお昼御飯の後に小川やきれいな風景を堪能し、
フィリップと記念撮影。

さくにゅうさくにゅう
ヤギの搾乳にチャレンジしてみました!

ゆきちゃんゆきちゃん
まるでハイジのユキちゃんみたい♡
人なつこくてかわいい♡


みやげでわ
お土産にたくさんサクランボ!!
美味しい新鮮なサクランボでした。
木に登って夢中になってつんでしまった!
これが楽しかった〜♫
取材続きで疲れていたのに、かえって元気になれたのは、
一杯の自然と動物と戯れ、
美味しい空気と田舎のリラックスムードのお陰だったのだと思います。

今年の夏のパリは寒かったです。
何だかしっかり夏気分を味わう事なく終わった気がします。
基本、10月の展覧会のためにほとんど出かける事なく制作していました。
バカンスだ〜日焼けだ〜騒いでいるフランス人を横目にじっと我慢の夏でした。

そんな中、8月中旬にイルドレ(レ島)と言う所に気晴らしに行ってきました。
噂通り、とても良いところでした。
ラロシェルの近くで、海産物がとても美味しかったです。
20102010
20102010
2010201020102010201020102010

写真は友人のバースデイパーティーとパリのモスケにお茶しに行った写真。
201020102010


201020102010
そして友人達の中でブームのベトナム、ラオス料理のBO-BUN(ボブン)です。
左からプラスモンジュのボブン、パリ11区のパリハノイのボブン。
写真はいまいちですが、ル・カンボッジのボブンです。
http://www.lecambodge.fr/
パリにおいでの際は是非。
ル・カンボッジはすごい!神のボブンです。
ちなみにカンボッジは予約は受け付けていません。
予約なしつながりでご紹介♡
カフェコンスタンのフレンチは私の今年のナンバーワンです。
http://www.cafeconstant.com/1.aspx

食の話題に尽きました。。。
制作中心だったので(まあいつでもなんだけど 汗)
このくらいしか楽しみを作れなかったって事!

さー。でも展覧会で日本に帰ったら食欲の秋で盛り上がらないと〜。
でもウエイトオーバーに注意しないとやばいです。



次のページ >>
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[12/01 マダム滑り台]
[10/30 fashionista]
最新TB
プロフィール
HN:
りんご
性別:
女性
職業:
絵描き
趣味:
色々創作*お絵描きからお料理まで*そして可愛いものを見つける事。
自己紹介:
パリで絵を描いています。

バーコード
ブログ内検索
Copyright © / “りんごちゃん”created by pandacompany
忍者ブログ [PR]