忍者ブログ
Bonjour ! イベントや日々の出来事。気まぐれ更新のパリの日記
«07 2019/08 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 31 09»
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

”ゆっくりランチを!”と、向かったのは、
サンジェルマン・アン・レーという、ルイ14世が生まれ育った、
ルネサンス様式の城が建つ、美しいブルジョワな街。
レストラン”CAZAUDEHORE LA FORESTIERE”
http://www.cazaudehore.fr/
はこの街の中心地の反対の森の中にある。
隣接している、格式高いホテルも一度行ってみたいな〜*という素敵な雰囲気。
初夏のあまり暑くもなくとても良い日和の当日、外のテラス席で昼食をとる事に。
おにわおにわ

お店お店

レストランの内装は、クラッシックモダンという印象。
絵画はルネッサンス風でクラッシックなものが多く、その中にアンティークの小物のチョイスやオブジェのテイストで斬新さを与えている感じがそう思わせるのでしょう。。。(例えばこのてのオブジェ、ルネマグリットの絵画の中の少しシュールモチーフに見えたりしませんか?)全体的には豪奢。店内も素敵でした☆ディナーに行ってみたいなと思いました。
店内でんわ

サーヴァーもきちんと教育されてソムリエは金のぶどう型のバッジを胸に付けている。もちろん料理も、ワインも厳選されている。タイミングやサービスも満点

食事はあまりに美味しくて記録する事よりも、味わう事に集中していたので、
きちんとしたメニューを思い出せませんが出来る限り説明します!
あぺりちふ
まずキールで乾杯!

あんとれたかこ
アミューズブッシュ〜アボカドエビサラダ

あんとれあんとれ
アントレはスズキのカルパッチョ季節の野菜添え
お友達はアスパラガススープ

カモのコンフィー内蔵料理
メインはカモのコンフィー
そして内蔵料理。。。名前は忘れました。。。ブダンだっけ?

でざーとでざーと
ミキュイショコラとアイスクリーム
ヌガーのアイスクリーム
カフェ

めったにレストランなんて来れませんが、
いつもフルコースって食べれなくて、
コーヒーについてくるお菓子は
包んで持って帰らせてもらいます。。。


ちなみにパンにつけるバターは、ECHIRE(エシレ)という、最高級バター。
バターのみを食べたいと思うほど美味しい。

〜いつもお土産で日本に持って帰り、バター醤油ご飯します。〜


最高でした!お天気とお料理!
PR
先日お菓子屋さんに同行して,お菓子屋さん巡りをしました。
パリはおいしいお菓子がいっぱいです。
フランス菓子は日本の洋菓子の原型となっているようですが、
私はフランス菓子の本格的なモンブランやタルトもマカロンも
日本のふんわりスポンジ付きのイチゴショートやモンブランも
(もちろん和菓子も!)それぞれの魅力を持っているものだと思います!
選べません!みんな素敵ですから!
(こっちにいると’まるごとバナナ’とか食べたくなるものなのです。)
〜早い話,わたくし、甘いものが好きという事です!〜

で、色々まわりました〜、ジラール・ミュロ2号店、カイザー、ローラン・デェッシェーヌ、カール・マルレッティ、ポワラーヌ、ジラール・ミュロ1号店、ピエール・マルコリニ、ピエール・エルメ、ボンマルシェ(ケーキ売り場、食品売り場、デリカバー)エクセプション・グルマンディーズ、ジャンポール・エヴァン、ラデュレ、フォーション、アンジェリーナ 、ストーレー、パン・ド・シュクル、ルノートル、ダロワイヨ 。。。
話題の店、老舗、定番もの、斬新なもの、歩いた歩いた〜。

私の好みはやっぱりラデュレのイスパハンとアンジェリーナのモンブランとミルフィーユ。
目を引いたものと言えば、
パン・ド・スュクルのお菓子のデザインと発想の斬新さでした。

ということで、食べるのは定番、見るのは斬新なものということに!


頂きます!
アンジェリーナのミルフィーユ



斬新なパン・ド・スュクルのお菓子達





日本・銀座にもある老舗ダロワイヨのパリのショウウインドウ



ポワラーヌ*コーヒーたのんだらスプーン型のクッキーが!かわいい*







エコールドパリの代表的な画家であり、パリをフランスを愛し続け、
この地で成功した最も有名な日本人、藤田嗣治(ふじた つぐはる、Leonard Foujita 1886年11月27日 – 1968年1月29日)明治以降の日本人芸術家で藤田嗣治ほどの成功を海外で収めたものは他にいない。猫と女を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びた。
そんな彼が晩年7年間この世を去るまで生きたヴィリエ・ル・バルグの住居兼アトリエを訪ねました。(少し離れた墓地にフジタのお墓もあります。)
フジタがどんな人かを説明してくれるような家でした。すごく可愛い。
す・住みたい!!!
(色々説明したいのですが、藤田自身の作品を見て、本を読んで、訪れるのをお勧めします。)
オーディオガイドも貸してくれます。入場も無料!
ただし、駅から遠い! 
http://foujita.essonne.fr/
(私は偶然近所に住んでいる友人の招きがあって行く事が出来ました。*感謝*)


あとりえ
屋根裏のアトリエ
さいん
作品だけでなく、所持品ほとんどにサインが。。。

私はフジタの絵が気になる存在となったのは二年前ナンシーの美術館で見た一枚の油絵からでした。パリにいるならば、彼をいろいろ知りたいと。
ランスの教会の壁画、SITE UNIVERSITEの日本館の大作2枚を見ましたが、
彼の作品には美しいとか巧いとかそういう褒め言葉だけでは表せない何か胸に来るものがあります。
最近知ったのですが、近所のお気に入りの感じの良いバーはフジタの行きつけだったと!!アンリ・カルティエ=ブレッソンHenri Cartier-Bressonの写真、ロートレックの本物のポスターも本物だった!!!子供のいない大人のバーだなーと思っていたけど、やはり本物だわ。。。(モンパルナスのヴァヴァン周辺は芸術家達のにおいが未だに残っていますよ。)
憧れていた人が本当に生きていた街。
本や映画の中でしか見た事のない世界に今私はいるのだーーー。
改めて感動した瞬間でした。
さあ終わる前に日本文化会館の黒田清輝から藤田嗣治展を見に行っとこ!


ふじた

ジェーン・バーキン、ブリジット・バルドーの系譜を継ぐフレンチ・ロリータ ヴァネッサ パラディ。
ニューアルバム発売とともに始まったツアーのコンサートに行ってきました。
誕生日だったので、友人が招待してくれた!!ありがと〜♡
私の知っている歌はすんごい有名のこの歌だけ。↓
http://www.youtube.com/watch?v=_lwthVtaocc
でもニューアルバムの歌中心でした。安心安心。
楽しかったです。
ていうか可愛かったです。
フランスにいるうちロリータは見とかないとね。

"Divinidylle"
アヴェックシエールディアンヌの庭だいどこ
シュノンソー城に行ってきました。
詳しい情報はこちらで↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/シュノンソー城
城主が代々女性だった事で有名なこのお城。
この城を舞台にしたストーリー、時代背景がとても面白いです。
こちらのキッチンはフランスの台所好きにはたまらない宝の山です。
調理器具の可愛い事!フランスのアンティーク好きにはかなりツボですよ。

ロワール地方はパリよりも格段に暖かく、
なんでここの土地を首都:パリにしなかったのかしら!
とこの冷夏続きの寒さに少しうんざりしている私は思いました。
昔の貴族達はここの温暖でロワール川に面した肥沃な土地を好んで
お城を建てたという事です。

ちかどうわいんぐら
こちらベレゼ城は
お城の中で最も深い地下壕を持つ事で有名な城です。
お堀の深さもナンバーワンだそうです。
見た目はシュノンソーのような華やかさはありませんが、
地下部分には沢山の的を待ち受ける為の小窓があり、小部屋があり、
そして、ワイン蔵があり、見所たっぷりの面白い作りでした。
ワインの製造社がシャトーと名乗るのは、
ここの様に城主がワインを作る事から始まっているようです。

シュノンソーの様にベルサイユの様な華やかさを持つ城もあれば、
ベレゼ城の様に白雪姫の七人の小人が働いていそうな、
このベレゼ城のようなこじんまりとした城もあります。

3つ目のアンボワーズ城は内見せずに次の機会にしました。
2つの城をたっぷり見学してかなり満足でした〜。
また今度ゆっくり機会を作ってまわりたいです。
ほかにもまだまだ沢山のお城があります。

おこじょもるもアライグマおうむ
わにかめごり
クロワッサンしまうまばっふぁろー
動物園にも行きました。
サファリパークのような部分と、牧場のような子やぎを抱ける所と、
アシカショーの見れる水族館と、たくさ〜んの動物がいました。
水陸、そして大小さまざまな動物達。良い動物園でした。
動物を見ると和みますね。

4号
*お知らせ*
私のイラストを使って頂いたボンズ〜ル4号のマルシェ特集が刷り上がりました。
〜今回の特集は(手前味噌ですが…)スゴイです。
パリでの「食」「買い物」に興味のある方ならきっと楽しめます。〜(編集部談)

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[12/01 マダム滑り台]
[10/30 fashionista]
最新TB
プロフィール
HN:
りんご
性別:
女性
職業:
絵描き
趣味:
色々創作*お絵描きからお料理まで*そして可愛いものを見つける事。
自己紹介:
パリで絵を描いています。

バーコード
ブログ内検索
Copyright © / “りんごちゃん”created by pandacompany
忍者ブログ [PR]